HOME | テクノロジー | 室内環境品質

住まいづくりのテクノロジー

住まいづくりのテクノロジー

建物と設備のダブルの
省エネ性能を追求。

近い将来、義務化される可能性のある省エネルギー基準。断熱性など建物の省エネに加え、住宅設備の省エネも求められます。つむぎえは、建物自体の断熱性能を求めるとともに、パナソニックの技術を活かして給湯や空調、照明などの機器にも高い省エネ性能を実現。住まい全体でトータルに消費エネルギーを低減し、省エネ等級最高ランクのクリアが可能です。
 
 

「認定低炭素基準」をクリアすると、
節税メリットも。

建物と設備機器双方に高い省エネ性能を追求したつむぎえは、平成25年省エネルギー基準を10%も下回る一次エネルギー消費量※1を実現しています。この数値は、国が推奨し、将来標準化の可能性もある「低炭素建築物」※2の認定基準でも最高等級の「☆☆☆」の取得が可能。認定取得により税制優遇やローン控除など多くのメリットを受けられます。

※1.一次エネルギー消費量とは、化石燃料や太陽光など、自然から得られるエネルギー(一次エネルギー)を建築物で消費する量へ換算した数値です。 ※2.低炭素建築物とは、二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、都道府県や市または区が認定を行うものを指します。

優れた断熱性能と
気密性能。

断熱性能とあわせて重要となるのが、実は気密性能。住まいに隙間が多いと、熱の出入りが増えてしまいます。つむぎえは、気密性にもしっかりと配慮し快適な室内環境を保ちます。
 
 

空気の質を
高める住まい。

快適な室内環境をつくるためには、温度管理に加えて、クリーンな空気の質を守ることも重要です。つむぎえが採用した「エアテクト」は、窓を閉め切っても新鮮な外気を室内に給気しながら、フィルターで汚染物質をシャットアウトします。深呼吸しても安心、窓を閉め切っても快適だから、騒音防止にも効果的です。

健やかな住空間を
標準仕様に。

住まいの室内環境を考えた時に、大切なのは、室内の温度を守る断熱性能、外気の影響を抑える気密性能、そして、適切に室内空気を入れ換える換気性能の3つがそろうこと。つむぎえは、この3つの性能にこだわることで、冷暖房効率を高め、結露を抑え、空気の質も守って、爽快で健全な室内環境を実現します。

快適上手な住まいは、
節約上手な住まい。

高い断熱性能と気密性能で一年中快適な住空間を実現することは、四季のある日本の住まいではとても大切。同時に、光熱費を抑えるメリットも生み出します。つむぎえは、設備の省エネ性能に加え、すぐれた冷暖房効率で高め、光熱費を節約します。

住宅性能・機能性・デザイン性に妥協しない0909homeの家

資料請求・お問い合せはこちら