HOME | テクノロジー | テクノストラクチャー工法

住まいづくりのテクノロジー

木造の家を、ずっと安心な家に。 歳月にも 災害にも負けない独自の工法。

テクノストラクチャー

もしもの災害をシミュレーション構造計算

テクノストラクチャー工法説明図01

テクノストラクチャーは木造住宅の要となる梁と接合部を、オリジナル部材で徹底的に強化した耐震工法。独自の構造計算システムで、一棟一棟災害シュミュレーションを行っています。住宅は建てた後で耐震診断をしても手遅れ。設計段階で徹底的に構造計算を行います。
 

緻密な構造計算(災害シミュレーション)を実施

大地震・台風・豪雪に耐えられる家かどうかを事前にシミュレーションします。補強が必要ならば改善を重ね、全ての項目がOKになるまで「何度でも」チェックを行います。
 

設計完了・建設開始住まいの診断書を作成

全ての項目をクリアしたら設計完了です。建設を開始するとともに、住まいの診断書をお作りします。あなたの家の災害シュミュレーション結果をしっかりと記載しています。
 

テクノストラクチャー独自の厳しい構造計算基準

テクノストラクチャーの住宅は法律で定められたレベルよりもはるかに厳しい構造計算基準で設計。多角的な「立体的応力解析」で388項目※3ものチェックを実施しています。
 

テクノストラクチャー工法説明図02

「強い家」を支える強固な構造部材部材品質

テクノストラクチャー工法説明図03

テクノストラクチャーの住宅は、構造部材の強度、品質にもこだわっています。一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつにまで細かな仕様を規定し、構造計算どおりの強度を確保します。そのこだわりが、家全体として高い品質、安定した構造性能を実現しています。
 

木と鉄の複合梁“テクノビーム”

テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用。長期に渡る上からの荷重にも「たわみ」がほとんど進行しません。
 

構造部材の接合部も強化

高強度な住宅を実現するオリジナル接合金具を使用。特に集成材柱と土台を接合する「ドリフトピン接合」は一般的な木造住宅の接合部の約3倍の強度を実現します。
 

サビ止め処理で鉄骨の劣化を軽減

テクノビームの鉄骨部分には「溶融亜鉛めっき処理」を施しています。一般の塗膜と違い万一の傷にも、めっきが保護皮膜をつくり、テクノビームをサビから守ります。
 
 
 
 

テクノストラクチャー工法説明図04

「強い家」をすぐれた施工でさらに確かに施工品質


 
 
すぐれた強度や耐震性も、確かな施工で建てられて初めて誇れるもの。だから、テクノストラクチャーは、徹底してその施工品質にもこだわります。テクノストラクチャーの家を建てられるのは、所定の研修を修了した各地域の優良ハウスビルダーだけです。

責任施工

建設の現場は、パナソニックESテクノストラクチャーによる所定の研修を修了し、認定を受けた技術者が管理。認定取得後も、定期的な勉強会に参加し、最新の情報や知識を取得し、確かな施工品質の維持や施工管理のレベル向上を図っています。
 

住宅性能・機能性・デザイン性に妥協しない0909homeの家

資料請求・お問い合せはこちら